フリーターの就職について

リクナビNEXT[求人総数業界トップクラス!]
詳細
★★★★★
 求人案件はベンチャー企業から大企業まで幅広い求人があり、未経験可の求人も多いためフリーターの支持率No.1の就職サイトです!
利用者の声
良かった
就職サイトというのは正社員から正社員のためのものだと思っていました。でも友達に進められてリクナビNEXTを見てみたら、フリーターでも大丈夫だとわかって一安心。掲載されている求人の数も多いですし、自分のような立場の人間でも結構選ぶことができて良かったです。無事に就職先も見つかり安心しました。
良かった
20代も後半に差し掛かり、そろそろ正社員になりたいなと思い利用しています。自分の情報を載せれば希望が合いそうな企業がスカウトしてくれるというのもあって、自分から探すだけでは得られない情報が入ってくることに満足です。
良かった
今までインターネット上での仕事探しをしたことがなく、本当にこれで正社員を目指せるのだろうかと半信半疑で利用を開始。意外とフリーターでも可の求人も多いし、何より結構大手企業がたくさんあることが驚きだった。自分の条件で細かく絞れるのも便利で良かった。友人にも勧めたいと思う。
普通
求人の数も多いし、社員へのインタビューや写真など、他では見られないものも多く掲載されているのが特徴的だと思いました。ただスカウトを使おうと思うと登録が必要で、パソコンにも携帯にもあまり慣れていない自分には少し億劫だったのですが、慣れるとスムーズに利用できました。
普通
現在アルバイトとして働いていて就職活動に使える時間も毎日バラバラなので、いつでも求人をチェックできるのがとても便利です。ただ若干掲載されている企業や職種に偏りがあるように感じたので、他のサイトと並行して利用しています。

リクルートエージェント[非公開求人多数掲載]
詳細
★★★★
 就職成功実績No.1!のリクルートエージェントは、プロのキャリアアドバイザーが経験・能力や希望職種・条件などからあなたに合った求人を紹介してくれます。
利用者の声
良かった
就職活動初心者の私にも、親身になって相談を聞いてくれたり就活指導(模擬面接や履歴書・職務経歴書の書き方など)をしてくれて、無事就職することができました。
良かった
これまで、何人もの就職活動者をサポートしてきているキャリアコンサルタントだから細かい所にも気づいて指導してくれるので、自分自身の転職活動を見直すことが出来ました。
普通
リクルートエージェントは非公開件数が多いと聞いたので登録しましたが、フリーターが応募できる求人が無いわけではないのですが、キャリアやスキルがある程度ないと厳しい求人が多い気がします。

 

1.フリーターでいる理由と求人探し

 フリーターには、一度は社会人としての経験があったが、何らかの原因により辞めてしまいフリーターをしている人と、一度も正社員として働いた事が無い人など、人により置かれる境遇は様々です。いずれにしても、就職するにあたっては、新卒至上主義の日本ですのでフリーターであることは不利な立場にいるということは否めません。また、少しの社会人経験があるからと中途採用枠で応募すると玉砕することになります。

 

 では、フリーターが就職するためには、どのような就職活動を行えばよいのでしょうか。そこでまずは、ハローワークやジョブカフェなどの公的機関に相談することから始めましょう。そして、自分でも就職サイトを利用して求人を効率的に探すようにします。求人募集サイトを利用することにより攻略法も知る事ができます。これらを利用する中で、正社員として働くための知識が身につき、正社員採用に向けて様々な対策が見つかることもあるでしょう。

 

2.応募するための情報収集

 応募する求人をよく吟味して応募しないと、フリーターというだけで、書類選考の段階で落ちることも当然あります。また、書類選考で通過しても、面接の際にも先入観なしで選考されることは難しいと言えます。それは、必ずフリーターをしている理由と就職しようと考える理由を質問されるからです。

 

 そこで、正社員を目指すのであれば、これまでフリーターをしていた経験やスキルからアピールできる部分を探しだして、うまく求人とマッチさせて説明できる努力が必要となります。そして、さまざまな情報媒体を活用して、できる限りの情報収集を行うことが大切です。また、応募書類を応募したと同時に面接対策もしっかりと行っておくとよいでしょう。

 

求人吟味するポイント

  • 妥協せずに質の良い情報を集める
  • 情報の幅を狭くすることなく幅広く集める
  • 正社員求人だけではなく紹介予定派遣も視野にいれる
  • 人気がある企業や業界以外も探してみる

 

3まとめ

 フリーターの就職では、情報を集める事が大切です。この情報量によっては採用されるか、どうかといった明暗が分かれるからです。そこで、より幅広く情報収集をして、正社員求人を集めていく必要があります。そして、妥協をせずにできるだけ質の良い情報を集める事も重要です。

 

 そして必ず自分がフリーターをしている理由を明確にして、いつでも面接にいける準備をしておくことが就職への近道と言えるでしょう。

 

記事一覧

 

《Pick Up》

博士,ポスドク就職支援
博士を取得された方への就職支援

 

職人の転職
職人になる人も、職人として転職を目指す人も。

 

高校中退後の就職なら
高校中退=中卒で就職するか、好きなことを見つけたり、スキルアップを目指すか。

 

企業が求める20代の転職者とは
どんな20代が転職で成功するのだろうか